10月23日、遂にハロウィンパーティー開催。
一ヶ月準備してきた、親子で楽しめる観客参加型演劇「トランスペアレンツ」もお披露目となりました。

40分のお芝居ですけど、子どもたちは食い入るように観てくれ、時には声を上げて応援してくれました。
観客参加型の部分も、ほとんどのお子さんが積極的に参加してくれ、狙いはバッチリ当たりました。
とても思い出に残る体験になったのではと思います。

トランスペアレンツ14800855_352699975080235_1525396587_n14800784_1070591513061644_1583784468_n

そのあとの紙を使ったハロウィン工作ワークショップ。
カボチャのステッキか、フランケンのお面か、ミイラの袋かから選べますが、みんな熱心に作っていました。
そのあとのコスチュームコンテストでも誇らしげに持っている子や、カバンにステッキをさしている子も。

コスチュームコンテストも10組以上の親子による仮装コンテストで、照明効果・音響効果・プロジェクターを使って、「トランスペアレンツ」のステージで行いました。
とても特別感のあるコンテストだったと思います。

わいわいと楽しむ ハロウィン工作 トリックオアトリート

PM4:00に終わり、全て撤収したあと、
ぼくたち主催の「トランスペアレンツ」公演がPM5:30から。
こちらも、舞台に、ワークショップにガッツリ参加してもらえました。
子連れでない大人の方も工作してもらいましたが、大人が本気で30分作るとすごいものになりますね。クオリティーが違いました。
普段仕事や子育てでストレスを抱えている大人も、良い清涼剤になったようです。

2016年10月23日 アーティストがつくったらこんなに

PM9:00位には全て片付けが終わり、そのまま打ち上げへ。
忙しすぎて、ビデオカメラセットするのを忘れてた!
幻の第一回「TransP@rents」上演になりました。

打ち上げ 解放感 代表

いつもは、大人向けの本格的な舞台創りが多いのですが、今回は(社)日本グローバル演劇教育協会立ち上げの前哨戦として、子ども向け演劇を制作しました。教育専門家の方々も絶賛でした。

この「トランスペレンツ」を上演してほしいという団体がありましたら、別役まで。また、参加された皆さん、是非ご紹介・取り次ぎ頂きましたら、ぼくたちは上演しに向かいます。

img_3581 by 別役

Related Post

コメントをどうぞ

Website Protected by Spam Master